部門の紹介/中央検査部

検体検査

このページでは、当部で実施している検体検査の内容をご紹介します。


検体検査室受付

エアシューター搬送システム

生化学検査

 生化学検査とは、血液(血清)や尿、その他穿刺液などの液状検体を遠心分離し、上清部分に含まれる成分を各種自動分析装置で分析します。肝臓・腎臓・膵臓などの臓器や脂質・糖質などの情報を測定し、そのデータを疾患の診断や治療、予防に役立てます。診療前結果報告を基本に、より正確なデータを出すため日々研鑽しています。


生化学分析装置

血糖・A1c測定装置

免疫血清検査

 免疫検査とは、抗原抗体反応を用い主に感染症の検査をします。
 患者さんから採血された血清を用い、その中に含まれる各種ウイルスや細菌に対する抗体を調べるものです。体内にウイルスや細菌などの異物(抗原)が侵入すると、体内の免疫機能が働き、抗原の増殖を弱めたり、排除しようとする蛋白(抗体)を産生したりします。これは、目に見えない外界の敵から体を防御する味方の一種です。


薬物測定装置

自動免疫測定装置

血液検査

一般に血液検査といえば、(1)血球成分を検査する血液検査と(2)出血・凝固系の検査のことをいいます。

  1. 血球検査では、各血球(赤血球・白血球・血小板)の数を測定(血算測定)し、形態(血液像)を観察します。貧血や白血病などの血液疾患の診断に欠かせない重要な検査です。
  2. 止血の働きや線溶傾向を調べる検査です。

自動血球計数装置

自動凝固測定装置

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ