脊椎脊髄外科

脊椎脊髄外科

 脊椎脊髄外科は、脊椎・脊髄・末梢神経の手術治療を専門に行っています。
 また、脊髄脊椎に関する様々な症状でお悩みの方の診断や治療を行うため、「脊椎脊髄外来」を設置しています。

診療方針

亀井 裕介

脳神経外科部長 兼 脊椎脊髄外科部長亀井 裕介

受診される皆様へ

 脊椎脊髄疾患、特に変性脊椎疾患は高齢者に多く、最近では高齢になっても高いADLを望む患者さんも多く、低侵襲の治療が必要とされています。
 当科が行う脊椎脊髄手術は手術用顕微鏡を駆使し、十分な除圧を安全に早く行い、その後、インスツルメンテーションを用いた脊柱の固定、再検を行い早期の社会復帰をめざすようにしています。

かかりつけ医の先生方へ

  • 頸椎症性脊髄症:巧緻運動障害、歩行障害など
  • 頸椎症性神経根症:上肢の麻痺、上肢の耐え難い痛み(薬剤が無効)
  • 腰椎椎間板ヘルニア:下肢の耐え難い痛み(薬剤が無効)
  • 腰部脊柱管狭窄症:間欠性跛行、下肢痛、腰痛
 上記のようなことで困っている患者さんが手術適応となります。
 頭蓋内同様に、脊椎脊髄にも、変性疾患、椎間板障害だけでなく、腫瘍、血管障害、奇形などがあり、脊椎脊髄に低侵襲な方法を用い加療しています。

診療内容

頸椎症

頸椎前方除圧固定術

 約3cmの前頸部切開
 シリンダーケージを用いた除圧固定術です。
 術後、6時間で端座位、飲水可能、翌日より歩行開始

頸椎椎弓形成術

 筋層構築的棘突起椎弓形成術という、後頸部の筋組織にダメージを与えない方法による頸部脊柱管拡大術です。
 術後、6時間で端座位、飲水可能、翌日より歩行開始

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管拡大術(開窓術)

 傍脊柱筋組織にダメージを与えない棘突起縦割による約13mmのスペースからの除圧です。

腰椎すべり症

腰椎後方椎間固定術(PLIF、TLIF)

 シリンダーケージを用いた椎間固定術に、ペディクルスクリュー固定術を加えた手術です。早期の社会復帰を可能にしました。腰椎手術はいずれも翌日より歩行開始。
 最近では、より侵襲の少ない経皮的スクリュー固定術も行っています。

 

外来医師担当表

 

 脊椎脊髄外科の外来医師担当表につきましては、「脳神経外科」の外来医師担当表をご覧ください。

 

スタッフ紹介

亀井 裕介

脳神経外科部長 兼 脊椎脊髄外科部長亀井 裕介(カメイ ユウスケ)

平成3年医学部卒業

認定資格

・日本脳神経外科学会専門医/指導医
・日本脊髄外科学会認定医
・日本体育協会スポーツドクター
・日本脳卒中外科学会技術指導医

梅田 靖之

脳血管内治療科部長梅田 靖之(ウメダ ヤスユキ)

平成12年医学部卒業

認定資格

・日本脳神経外科学会専門医/指導医
・日本脳神経血管内治療学会専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

田代 晴彦

救命救急センター長田代 晴彦(タシロ ハルヒコ)

昭和56年医学部卒業

認定資格

・日本脳神経外科学会専門医/指導医

山本 章貴

救命救急センター副センター長 兼 救急・集中治療科部長山本 章貴(ヤマモト アキタカ)

平成9年医学部卒業

認定資格

・日本救急医学会指導医
・日本脳神経外科学会専門医
・日本集中治療医学会専門医
・日本脳神経血管内治療学会専門医
・日本航空医療学会認定指導医
・日本DMAT隊員(統括DMAT)
・JATECインストラクター
・JPTECインストラクター
・ICLSインストラクター
・MMC新医師臨床研修指導医
・三重大学医学部臨床教授

寺島 美生(テラシマ ミオ)

平成21年医学部卒業

後藤 芙希

後藤 芙希(ゴトウ フキ)

平成27年医学部卒業

認定資格

・緩和ケア研修会終了

田島 祐(タジマ ユウ)

平成27年医学部卒業

認定資格

・日本DMAT隊員

黒田 祐輔

黒田 祐輔(クロダ ユウスケ)

平成29年医学部卒業