脳神経内科

脳神経内科

 脳神経内科は、脳卒中を始め、頭痛、めまい、手足のしびれなど日常的な症状から、筋肉・末梢神経の疾患やパーキンソン病・脊髄小脳変形症・多発性硬化症などの各種変性疾患や専門疾患などを担当します。

受診される皆様へ

 脳神経内科は、「内科的な神経疾患」を中心に診療を行います。
 脳卒中を始め、頭痛、めまい、手足のしびれなど日常的な症状から、筋肉・末梢神経の疾患やパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・認知症などの各種変性疾患や専門疾患などを担当します。
 CTやMRIなどの画像検査を始め、神経の機能を調べる神経生理検査や高次脳機能検査などの専門検査での評価・治療を行います。
 特殊治療では、眼瞼痙攣・顔面痙攣へのボツリヌス局所療法も行っています。 
 なお、基本的に病状が安定した後にはかかりつけ医の医療機関へ逆紹介させていただきます。
 現在脳神経内科では、常勤医減員の影響を受けて一時的に入院患者様の受け入れを停止しております。ご不便をおかけしまして恐れ入りますが予めご了承ください。
 

かかりつけ医の先生方へ

 現在常勤医減員の影響を受けて外来初診を完全予約としております。患者様の紹介におきましては、予め地域連携室にご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。
 

診療内容

脳卒中

 現在脳神経内科では一時的に入院患者様の受け入れを停止しております。
 

ボツリヌス局所療法

 眼瞼痙攣・顔面痙攣に対しての局所注射療法。
 短時間で、外来で可能。併行して頭蓋内画像検査、神経生理検査で評価を施行。

変性疾患

 パーキンソン病や脊髄小脳変形症、筋萎縮性側索硬化症などが代表疾患です。地域の医療機関と連携し、在宅医療にも取り組んでいます。

認知症

 アルツハイマー型認知症や血管性認知症、レビー小体型認知症などが代表疾患です。運転免許更新の際の認知機能検査で、低下を指摘された方の精査も行っております。

診療実績

外来医師担当表

 
1診
(紹介診・予約診)

掃部 俊貴

掃部 俊貴

掃部 俊貴

掃部 俊貴

掃部 俊貴

2診
(紹介診・予約診)

【午後のみ】

伊井 裕一郎

【第1,3,5週】

西垣 明哲

 

【第2,4週】

宮下 紘一

 

スタッフ紹介

掃部 俊貴(カモン トシタカ)

平成26年医学部卒業

認定資格

・日本内科学会認定医
・日本神経学会認定神経内科専門医