脳神経内科

脳神経内科

 脳神経内科は、脳卒中を始め、頭痛、めまい、手足のしびれなど日常的な症状から、筋肉・末梢神経の疾患やパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・痴呆症などの各種変性疾患や専門疾患などを担当します。
 また、認知症の早期発見と鑑別診断のための専門的検査や、生活上の相談やアドバイスなどに対応するため、「物忘れ外来」を設置しています。

診療方針

受診される皆様へ

 脳神経内科は、「内科的な神経疾患」を中心に診療を行います。
 脳卒中を始め、頭痛、めまい、手足のしびれなど日常的な症状から、筋肉・末梢神経の疾患やパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・認知症などの各種変性疾患や専門疾患などを担当します。
 CTやMRIなどの画像検査を始め、神経の機能を調べる神経生理検査や高次脳機能検査などの専門検査での評価・治療を行います。
 特殊治療では、眼瞼痙攣・顔面痙攣・痙性斜頚へのボツリヌス局所療法も行っています。 脳卒中に対しては、当院では脳卒中ユニットによるチーム医療を特徴とし、脳神経外科との合同診療を行っています。
 なお、基本的に外来・入院を問わずに、病状が安定した後にはかかりつけ医の医療機関へ逆紹介させていただきます。

かかりつけ医の先生方へ

  1. 脳梗塞:三重脳卒中医療連携研究会の急性期基幹病院として登録され、統一連携パスを使用
  2. 眼瞼痙攣・顔面痙攣・痙性斜頚:ボツリヌス局所注射療法
  3. 物忘れ外来:水曜日に専門外来、必要例に精査入院
  4. γグロブリン大量療法(IVIg療法)

脳神経内科部長鈴木 賢治

診療内容

脳卒中

 脳神経外科との合同チーム医療(脳卒中ユニット)を形成。主に虚血性脳血管障害中心に担当。毎日24時間迅速なる対応が可能としています。
 急性期脳血管障害の判定を行い、可能例には血栓溶解療法を始め、最適な治療方法を選択し加療を行います。

超急性期加療

 脳梗塞発症4.5時間以内の超急性期加療として当院では脳卒中学会ガイドラインに基づきt-PAを用いた加療を行っており、その症例数は常に県内では上位に位置しています。

ボツリヌス局所療法

 眼瞼痙攣・顔面痙攣・痙性斜頚に対しての局所注射療法。
 短時間で、外来で可能。併行して頭蓋内画像検査、神経生理検査で評価を施行。年間50人から70人ほど施行しています。研修医にも研修中に資格取得してもらっています。

変性疾患

 地域の医療機関と連携し在宅 医療も充実させ、必要例にはレスパイト入院も受け入れています。

認知症

 専門外来を設置し、病型診断、初期加療の開始を行い、在宅医療に向け地域医療機関と連携パスを作成中。

診療実績

外来医師担当表

 
1診
(初診・予約診)

【午前のみ】

鈴木 賢治

(初診)

鈴木 賢治

(予約診)

担当医

(初診)

 

物忘れ外来

(紹介診)

【第1,3週】

鈴木 賢治

(予約診)

 

【第2,4週】

鈴木 賢治

(初診)

掃部 俊貴

(予約診)

2診
(初診・予約診)

掃部 俊貴

(初診)

【第1,3週】

西垣 明哲

(初診)

 

【第2,4週】

西垣 明哲

(予約診)

加藤 奈津子

(初診)

スタッフ紹介

脳神経内科部長鈴木 賢治(スズキ ケンジ)

平成3年医学部卒業

認定資格

・日本内科学会認定医/指導医
・日本神経学会専門医/指導医
・日本脳卒中学会専門医/指導医
・日本臨床神経生理学会専門医
・MMC臨床研修指導医
・ボツリヌス局所療法有資格者

掃部 俊貴(カモン トシタカ)

平成26年医学部卒業

認定資格

・日本内科学会認定医

西垣 明哲(ニシガキ アキサト)

平成29年医学部卒業