緩和ケア外来

 当院では、がんによる痛みや吐き気などの不快な症状を、少しでも和らげられるように「緩和ケア外来」を開設しています。

外来内容

特長

 手術や化学療法など、がんそのものの治療だけでなく、がんに伴うつらさ(痛みや不快な症状、こころの問題、療養上気がかりなこと等)を解決し、日々その人らしく有意義に過ごしていただけるように援助することが「緩和ケア」の考え方です。

 当院では医師、薬剤師、看護師などが連携して対応を行うため「緩和ケアチーム」により相談にあたらせていただいています。

緩和ケアチームの構成

 医師・看護師・薬剤師・臨床心理士・医療ソーシャルワーカー・栄養士・理学療法士

活動内容

身体症状の緩和

苦痛となる症状を和らげることに焦点をあて治療を行います。

こころのケア

こころの負担を和らげるため、臨床心理士がカウンセリングやご相談をお受けします。

対象となる方

  • がんによる身体の痛み・吐き気・息苦しさなど不快症状のある方
  • がんに伴う食欲不振・だるさ・不眠・気分の落ち込み等を感じる方
  • 患者様やご家族のこころのケアを希望される方

開設日・担当医

開設日

 毎週水曜13時から16時まで、毎週木曜10時から12時まで

担当医

 渡部 秀樹(消化器・一般外科)

ご予約・ご紹介

ご予約・ご紹介方法

 緩和ケア外来は完全予約制です。

 入院中の患者さんは、ご希望があれば緩和ケア外来に受診することができます。病棟スタッフに声をおかけください。

 外来通院中の患者さんの受診も可能です。

 外来スタッフにご要望をお伝えください。