部門の紹介/中央放射線部

超音波検査(エコー)

心臓超音波検査

超音波検査はリアルタイム性に優れるという特性があります。瞬時に画像表示ができ動きに強いため、常に活動し続けている心臓を観察するのに適している検査といえます。
心機能を評価したり、弁膜症の有無、心筋梗塞の検索を中心に行っています。必要に応じ冠動脈血流の観察も行っています。
ドキドキ外来や小児心臓外来では、主に先天性心疾患の検索を行っています。

上図:右冠動脈狭窄によってダメージを受けた左室心筋(下壁梗塞)

腹部超音波検査

超音波とは、人に聞こえない領域の音波であり、これを用いて体内臓器を観察する検査です。X線を用いた検査とは異なり、被ばくなど人体への影響のほとんどありません。
当院の腹部超音波室では装置2台を用いて、腹部領域を中心に血管領域・体表臓器などの検査を行っています。
腹部領域では肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓等の上腹部臓器を中心に、最近では消化管などの臓器も目的に応じ観察しています。
血管領域では動脈硬化性変化を評価するための頚動脈検査や、血栓の有無を判断するための下肢静脈検査などを中心として、ほぼ全身の血管を観察しています。
体表臓器(乳腺は外科でおこなっています)では甲状腺を中心として行っており、必要に応じて超音波室で細胞採取も行なっています(耳鼻科医師による超音波下穿刺細胞診)

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ