4階東病棟

 4階東病棟は、主に呼吸器内科、呼吸器外科、心臓血管外科の混合病棟です。
 疾患は肺癌、肺炎(細菌性肺炎、間質性肺炎)、COPD、呼吸不全、喘息、気胸などの患者さんの治療をおこなっています。

4階東病棟スタッフ集合写真

師長メッセージ

患者さん・ご家族の方へ

安久師長

野瀬師長

 患者さんの生活背景、高齢化、医療制度の変化に伴い、急性期病院の役割も変化しています。患者さんの背景を考慮して入院から退院、そして通常の生活に戻るまでには時間を要します。病院だけでは完結しないため、地域のスタッフの力も借りて、患者さんが地域に戻れるようにチームで活動しています。

 

 

 

 

 

看護学生の方へ

 日々の日常業務は忙しく、慌ただしいものがありますが、患者さんの日常の生活状況をしっかりと把握し、日常の生活に戻るためにはどうしたらいいのか、患者さんと家族と一緒に考えて退院してもらっています。そこに至るまでには、チームで考え、スピードも必要です。当院では新人さんに対して、研修も整っており、成長を支援しています。

 患者さんの生活を支えるために一緒に働きませんか。

 

看護の特長

 当病棟は、主に呼吸器疾患の患者さんのケアを行っています。呼吸器疾患により、ガス交換障害がおきると、生命の危機に陥るため、症状・徴候を見逃さず、障害の拡大の予防に努める必要があります。しっかりとそのことを理解し対応できるよう日々勉強が必要です。またCOPDや肺がんは経過が長く、病気と長くつきあっていかねばならず、医療者と患者さん・ご家族がタックを組んで向きあい困難を乗り越えていきます。本当に学ぶことは多いです。

先輩ナースからのメッセージ

 4階東病棟の先輩ナースから当院への就職を希望される看護学生の方へのメッセージを掲載しています。

一緒に働きませんか

2年目ナース

2年目ナース

 4東病棟では酸素療法を行っている患者さんや肺がんに対して化学療法や放射線療法を行っている患者さんだけでなく、周手術期の患者さんも入院しており、その患者さんに合わせたケアを行う必要があります。そのため私は、自己学習や患者さんを通して日々知識を深め、個別性の高いケアを行えるようにしています。

4東病棟で一緒に働きましょう。

 

 

 

 

 

 

学生さん待ってます

副師長

実習指導者

 看護師10年目になりました。実習指導者を担当しています。3年前には人事交流で1年間看護大学の教員として働かせていただきました。

 実習では学生さんと一緒に悩み、考えることで私自身も成長していると感じます。実習を通して少しでも、看護って楽しい、面白いと感じていただけたらと思います。また、指導者だけでなく、スタッフ全員で学生さんをフォローしています。様々なスタッフを見て、目指したい看護師像を見つけて下さい。

  

 

 

 

 

 

 

看護師数

看護師39名(うち師長1名、副師長3名)

関連ページ

ページトップ