理念・目標・看護提供体制

 当院看護部の理念・目標・看護提供体制について、掲載しています。

看護部の理念

理念

よつば

気づき(feel)

 患者さんの思いを感じ、察して

対話(communication)

 対話(聴く・伝える)を大切に

協働(collaboration)

 他職種や地域の医療機関等の方と協働し安心・安全なチーム医療を実現することで

笑顔(smile)

 笑顔あふれる職場を作り、患者さん・地域の皆様も自然に笑顔になるような看護を目指します

方針

  1. 患者さんの権利を尊重し、安全で質の高い看護を提供します
  2. 看護職としての専門性を活かし、チーム医療を推進し、地域連携・継続看護の充実を目指します
  3. 経済性・効率性を考慮して改善に努めます
  4. 看護職としての資質(豊かな人間性と社会性・倫理観・科学的根拠に基づいた知識と技術)の向上のため自己研鑽に努めます
  5. 働きやすく・働き続けることができる職場つくりに取り組みます

目標

令和元年度看護部目標

  1. 危険予知の感性を磨き看護を提供します。
  2. 多職種連携チームを活性化し、入退院支援、地域移行を強化し在宅支援につなげます。
  3. 看護職として病院経営に貢献するため改善に取り組みます。
  4. 接遇意識を高め、患者・家族、職員間のコミュニケーションを活性化します。
  5. キャリアラダー通じ自ら学ぶ組織風土を醸成し、個人のスキルアップを実現します。

令和元年度看護部目標

看護提供体制

  • 医療センター式ペアナーシング
  • 看護職員の実質配置:7対1

ページトップ