皮膚排泄ケア認定看護師

 当看護部の皮膚排泄ケア認定看護師からのメッセージ、業務内容の紹介を掲載しています。

認定資格

大川 恵美

皮膚排泄ケア認定看護師

患者さん個々の生活、それに係る人々を支える認定看護師

 創傷・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)・失禁ケアをより専門的に行う看護師です。私は、ストーマで悩む一人の患者さんの出会いから、その悩みを解決できる看護技術を学びたいと思い、20年前(1998年)に認定看護師になりました。
 自分が行ったケアで、患者さんや家族、それにかかわる人々が自信を持てるようになったと笑顔で話される瞬間が認定看護師として活動してきてよかったと思う瞬間です。

業務紹介

 現在は地域連携課課長として病院内外の看護師などが困ったときに看護実践の相談役として臨床現場を支えています。

 住み慣れた地域で暮らし続けるための地域包括ケアシステムが実現できるよう、病院と地域、介護と医療の垣根を超えた相談窓口として対応しています。

 


  • 地域の医療・介護職員向けの地域支援講習会の様子(ストーマケアの実際)

認定資格

林 恵里

皮膚排泄ケア認定看護師

良質な看護の提供により、安全で安心な医療・看護に貢献します

 疾患、病期、年齢など様々な要因から考えて、支援することを大切にしています。人に見られたくない、知られたくない部分のケアとなるため、背景や想いを汲み取ってこ個人に適した、継続できる看護を心がけています。
 また患者さんも医療・看護提供者みんなが、笑顔になれることをめざしています。 

業務紹介

 創傷・ストーマ(人工肛門・人工膀胱)・失禁ケアをより専門的に行う看護師で、英語の頭文字をとって、WOCナースと呼ばれることも多いです。

 創傷:Wound

 褥瘡(じょくそう)、胃瘻(いろう)・気管切開周囲の皮膚障害、テープ類による皮膚障害、下肢潰瘍などの創傷ケアをします。

 褥瘡回診:毎週火曜日午後(皮膚科医、管理栄養士、褥瘡専任看護師とともに行います)

人工肛門、人工膀胱、瘻孔ケア:Ostomy

 ストーマ用品の選択、ストーマ受容までのプロセスの援助、生活指導等、より専門的な知識と熟練したケアを提供します

ストーマケア外来:平日8時30分~17時まで(*褥瘡回診時間を除く)

失禁:Continence

  排尿障害及び排便障害の知識を基に、失禁のアセスメントを行い、失禁に伴う皮膚障害の改善とその予防を行います

教育

 スキンケア研修を開催しています。要望があれば、院外でも研修を開催しております。お気軽にご相談ください。

  • 褥瘡回診では、皆で協働し、より質の高い医療・看護を提供できるように心がけています。

  • 研修風景の写真。要望があれば、院外でも研修を開催しております。お気軽にご相談ください。

認定資格

小林 葵

皮膚排泄ケア認定看護師

その人らしい生活のために

 皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷や褥瘡のケア、人工肛門を造設した方や尿路変更を行った方へのストーマケア、尿失禁や便失禁などがある方への排泄ケアを専門にしている看護師です。
 3つの分野に共通するスキンケアや排泄のケアは看護の基本となるものであり、患者さんの生活の質に大きく関わるものだと思います。
 対象となる方々が抱えている問題に対して、患者さんやご家族の思いを大切にしながら適切な皮膚のケアや排泄管理を行ない、その人らしい生活ができるようサポートしていきたいと思います。

業務紹介

 消化器外科病棟に所属し、ストーマ造設患者の術前~術後の看護を中心に、創傷がある方や皮膚が脆弱な方へのスキンケアを行っています。

 患者さんの皮膚に障害が発生しないよう病棟スタッフと共に予防ケアに力を入れるとともに、ストーマを有する患者さんが自分らしい生活を送ることができるよう、多職種で連携しながらサポートできるよう活動しています。

ページトップ