救急看護認定看護師

 当看護部の救急看護認定看護師からのメッセージ、業務内容の紹介を掲載しています。

認定資格

奥田 美香

急性・重症者看護専門看護師

救急看護認定看護師

日本DMAT隊員

救急医学会ICLSコースインストラクター

臓器移植院内コーディネーター

急性期医療・看護の充実をはかり、患者さんやご家族のQOLを支えます

 急性期医療は、社会的変化に伴い複雑化しており、看護師に求められるニーズは多様化してきています。私は救急看護認定看護師として、患者さんの権利を擁護し、医療と社会の連携をはかり、患者さんやご家族の方々、地域の皆様がより良い急性期医療を受けることができるよう、常に心がけて活動しております。今後、地域医療・看護・介護をはじめ行政との連携強化を推進し、急性期から在宅につながる、患者様のQOL考えた看護が提供できるような組織づくりに取り組んでいきたいと考えております。
 
 また、当院は三重県の基幹災害拠点病院に位置づけられており、私も災害対策室メンバーとして災害訓練企画、防災教育等を中心に活動しております。今世紀前半に起こるとされる東南海地震を迎えるにあたり、地域と共に防災力の強化をはかっていきたいと考えております。 

業務紹介

  • 院内急性期看護、フィジカルアセスメント、災害看護、倫理研修会講師
  • 院外急性期看護、倫理研修会講師
  • 院内臓器移植コーディネーター
  • 院内外コンサルテーション
  • 倫理調整、倫理推進活動
  • 各院内チーム活動支援
  • 災害訓練企画・運営
  • 看護大学・大学院非常勤講師

 

認定資格

上山 一樹

救急看護認定看護師

日本DMAT隊員

救急医学会ICLSコースインストラクター

救急看護学会JNTECインストラクター

救急看護学会FAインストラクター

命を救い、生を支える

 救急看護は、緊急度や重症度の高い患者さんが対象となり、看護の力を最大限に発揮できる分野だと考えています。救急看護認定看護師として、常に患者さん一人ひとりの『個』を尊重しつつ、救急看護実践能力を高めています。
 突然の事故や疾患により、患者さんのご家族は、心理的危機状態に陥りやすく、状況理解が困難なまま治療の選択を迫られる場面もあるため、患者さん、ご家族野みなさまの擁護者としての役割を実践しています。
 急性期病院で勤務する看護師が、急変時に迅速で適切な対応が行えるように知識・技術の習得の一助になれるように努めていきたいとおもいます。 

業務紹介

 救命救急センター看護師だけでなく、病棟看護師、院内外の医療従事者に、急変時の対応(応急処置、心肺蘇生法など)、急変をさせない観察テクニックやフィジカルアセスメント、院内トリアージ研修会や、ドクターブルー(院内緊急時召集通報)の検証などをしています。

 さらに、当院は、基幹災害拠点病院としての役割があるため、災害初期時にスムーズに医療体制の確立ができるように、災害訓練など企画運営しています。 


  • 学会での発表


  • 日本DMAT養成訓練 トリアージデモンストレーション

ページトップ