看護継続教育

 看護部における看護継続教育について紹介しています。

1 看護部の基本理念 

 気づき:患者さんの思いを感じ、察する

 対話:対話(聴く・伝える)を大切にする

 協働:他職種や地域の医療機関等の方と協働し、安心・安全なチーム医療を実践する

 笑顔:笑顔あふれる職場をつくる

2 育てたい看護師像 

  1. 根拠に基づいた判断と看護が実践できる看護師
    • 高度先進医療に対応できる
    • 地域を見据えて、生活者視点で支援できる
    • あらゆる健康レベルに応じたケアの提供ができる
  2. 倫理観に基づき、ケアが提供できる看護師
  3. 互いを尊重し、助け合える
  4. 自ら学ぶ姿勢や向上心を持ち、自己研鑽できる看護師
  5. 能動的に考え、行動できる看護師

3 教育理念

 看護師個々のキャリア開発を行い、地方独立行政法人 三重県立総合医療センターの看護部理念にもとづき、患者・家族を尊重した質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。

4 教育方針

  1. 常に患者・家族を尊重した最良のケアを提供するために、看護職個々の持つ能力を大切に、能動的かつ根拠に基づいた判断および看護実践ができる人材を育成する。
  2. 看護職が専門職として、他の医療チームと円滑な対話を行い、質の高い看護サービスが提供できる人材を育成する。
  3. お互いを尊重し、助け合う中で看護専門職として人間的な成長(人間性・倫理観)ができるための教育および自己啓発を支援する。

5 教育目標

  1. 看護実践に必要な知識と技術、社会人としての態度の到達目標を定め、段階的に自己実現を目指す。
  2. 集合教育と職場内教育が連携した効果的な教育を行い、判断力・問題解決能力を身につけた看護実践ができる。
  3. 専門職業人としての意識を持ち、患者の人権を尊重し、常に最良のケアを提供できるために継続した自己啓発ができる。
  4. 自己の看護を振り返り、看護観・倫理観を発展させ看護実践につなげる。
  5. 教育や研究活動を行い、看護の質向上に役立てる。
  6. 常に環境の変化をとらえた看護管理および人材育成を行える能力を養う。

臨床能力段階レベル

 

 注:専門・認定看護師は申請時の該当ステップが様々であるが他看護師と同様にステップⅣまでのキャリアアップを目標とする。そのため、看護師個々の該当ステップとSの範囲の評価(ステップⅢ+S、ステップⅣ+S)を活用し、研修や課題も同様にキャリア開発を行う。

ページトップ