血液浄化療法室・外来化学療法室

 血液浄化療法室は、透析を受けている患者さんが別の治療目的で当院に入院されている期間、継続して人工透析を受けていただくための場所です。
 外来化学療法室は、外来患者さんが抗がん剤治療を受けるところです。

血液浄化療法室・外来化学療法室仕事風景

師長メッセージ

患者さん・ご家族の方へ

川瀬師長

川瀬師長

 血液浄化療法室では、臨床工学技士と協力して透析治療を行います。安全に安楽に治療が進められるように努めています。

 外来化学療法室では、患者さんやご家族が安心して治療に専念できるよう、外来看護師をはじめとした院内の関連部署と協力し合ってケアを提供しています。ご不安に感じておられることや、直接治療に関係ないような気がかりにも寄り添えるような環境を目指しています。どうか、どんなことでも我慢せずに、遠慮なくお声かけ下さい。

 

 

 

看護学生の方へ

 病院で何らかの治療を受けておられる患者さんには、それぞれの生活・生き方があります。私たちは病気や治療の体験は共有できませんが、常に不安や気がかりに耳を傾け、患者さんの背景にも配慮できるようにと努めています。安全に治療を受けていただける環境を整え、そのうえで寄り添える看護を提供すること、これが私たちの信念です。その結果、「ありがとう」の言葉を聞くことができたら、私たち看護師としてのやりがいにもなります。

 看護師を目指す皆さんと一緒に、知識も技術も熱い思いも高め合っていけたら最高に幸せです。

看護の特長

 血液浄化療法室では、人工透析を受ける患者さんへの看護が学べます。また、臨床工学技師からも詳しい説明を受けることができます。

 外来化学療法室では、外来で抗がん剤治療を受ける患者さんの看護が学べます。抗がん剤投与が開始されるまでの過程で、何度もスタッフが確認を行い、自分たちの曝露対策にも配慮し、安全で確実な治療を支援しています。

  • 血液浄化療法室

    血液浄化療法室

  • 外来化学療法室

    外来化学療法室

先輩ナースからのメッセージ

 血液浄化療法室・外来化学療法室の先輩ナースから当院への就職を希望される看護学生の方へのメッセージを掲載しています。

私の働き方・私の職場

ママさんナース

ママさんナース

 私は新卒で当院へ就職し、救命救急センター勤務などを経て、現在は「がん化学療法」に携わっています。約15年の看護師経験の中で、結婚・出産・育児も経験し、家庭と仕事の両立の大変さを実感しています。でも、大好きな看護師としての生き方を辞めずにいられるのは、子育てと仕事量のバランスを配慮してもらいながら働けるからです。子育ての先輩や応援してくれる先輩が周囲にいてもらえるので、自分のキャリアアップや高めたい分野にも挑戦できます。

 経験年数、配置場所、ライフスタイル、興味のある分野などにより異なるとは思いますが、働き続けられる職場・自分の働き方を支援してくれる病院だと思います。

 

 

 

 

がん化学療法看護の魅力

ベテランナース

 外来化学療法室では、抗がん剤治療を行い、患者さんの苦しみやつらさを傾聴し、少しでも和らげることができるような看護を行っています。

 特殊な部署ですが、最新のがん治療を学び実践に生かせること、院内の多職種と連携しながら患者さんへのケアを検討できることが魅力です。

 

 

 

 

看護師数

看護師8名(うち師長1名、副師長1名)

臨床工学技士5名

関連ページ

 

ページトップ