部門の紹介/中央放射線部

血管撮影検査

血管撮影検査とは、X線と造影剤を用いて血管の走行を撮影する検査です。
カテーテルという細い管を動脈または静脈に入れ、目的の部位まで進めて、造影剤で血管の形態や、血液の流れを撮影します。


心臓専用機(シングルプレーン)

頭部・腹部汎用機(バイプレーン)

心臓カテーテル検査

代表的な病気は心筋梗塞です。検査後そのままカテーテル治療になります。
心筋梗塞は血管に異物が付き血液が心臓に流れなくなる、または少なくなる事によって起こります。これをバルーン(風船)とステント(金属の網目状の筒)で膨らませて血液の流れを回復します。


治療前

バルーン治療

治療後

頭部・腹部血管撮影検査

頭部血管撮影検査

代表的な病気は脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血です。
脳動脈瘤(血管壁が薄くなり、こぶ状に膨らんだ箇所)の場所、形態など血管撮影にて確認することにより、手術前の情報として役立っています。

頭部血管3D画像
※ 赤色が動脈 青色が脳動脈瘤を挟んだクリップ
腹部血管撮影検査

代表的な病気は腫瘍の検査・治療です。
腫瘍を養っている血管を血管撮影にて確認し、選択的に血管を選び、薬剤と塞栓物質(酸素・栄養を絶つこと)を流す事で、全身に薬剤を投与するより効果的に治療を行えます。


腹部(肝臓)血管造影

血管造影中のCT検査

以前は検査中に血管造影室とCT室の往復がありましたが、新型機は血管造影室でCTと同じような撮影(安全かつ迅速な検査)が可能になりました。

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ