職員募集案内

先輩研修医の声

 当院の研修制度で、おすすめポイントをご紹介します。
 まず、はじめは内科からのスタートとなるため、カルテの使い方から病棟管理など、基本的なことからきちんと学べます。また、内科4科を2ヶ月ごとローテートするので、内科的な考え方の基礎をしっかり学ぶことができます。
 次に、救急外来においては、研修医が初期対応をしますが、最終的には上級医の確認があるので、安心して診られます。また、三次救急まで対応しているので、研修医1人あたり日当直で月50症例程度幅広く経験できます。それにより、救急外来での初期対応能力を向上させ、重症患者を見落とさない力をつけることを目指しています。
 加えて、選択必修科目を漏れなく組み入れているので、厚生労働省が求める「経験すべき症状・病態・疾患及び技術」のほとんどが習得できます。その他にも、研修医の人数が程良い、シニアの先生方が多く屋根瓦形式で指導がうけられる、研修医室が充実している、毎週勉強会があり知識を共有できる、などいろいろおすすめポイントがあります。
 職員間の横のつながりが良いため、コメディカルの方からの指導もうけられ、充実した研修医生活を送れると思います。事実、当院で研修を修了した先生は、ここで頑張ってよかったと言われています。
 興味のある方は是非一度、見学にお越しください。私たち研修医がご案内します。

就職して2ヶ月が過ぎました。そこも踏まえて、私が県立総合医療センターを研修病院に選んだ理由を書かせて頂きたいと思います。
 理由の一つは救急です。当院は、3次救急病院であり、尚且つ、脳神経外科・心臓血管外科・一般外科・整形外科と外科も揃っており、内科も消化器・循環器・呼吸器・神経内科・総合内科と揃っているため、余すところなく救急疾患・Common diseaseが診られると思ったからです。例えば、脳外科がないとなると、頭部外傷の患者さんは他の病院に搬送されてしまいます。機会がないというのは、自分の努力ではどうしようもなく、そして、医者になる上で診ない疾患があるというのは不安以外なにものでもないと思っていました。
 また、志望科に関わらず、どの科も雰囲気がよく、「この病院の」この科なら進みたいと思う程雰囲気は良いです。なので、まだ具体的に進む科が決まっていない人にとっても、一通り経験でき、広い視野で進む道を考えることが出来ると思います。先輩研修医の方々も、指導熱心な方が多く、ご自身の時間を削っても私たちの話を聞いて下さります。勿論、雰囲気は医者に限った話ではなく、看護師、技師の方々もよく教えてくださり勉強させて頂く毎日です。施設に関しても、周産期棟を増築し、NICUを増床、内視鏡センターをRenewalするなど施設も常に進化を続けています。
 しかし、ここでどれほど書いても百聞は一見にしかず!すこしでも興味があれば当院の病院見学にいらしてください!

 私がこの病院を初期研修の場として選んだ理由は、3つあります。1つ目は3次救急まで経験できる病院は三重県では数が限られており、脳神経外科・心臓血管外科もある当院なら、救急疾患を数多く経験することができると考えたからです。2つ目は、当時内科系・外科系のどちらに進むか悩んでいた僕にとって、各科がそろっているこの病院なら広い視野を持って自分の将来の選択をできると考えたからです。3つ目は、見学に来た際の先輩方の仲の良さや上級医の先生たちの優しさを実際に経験し、また、看護師さんや技師さんたちなど多くの職種の人たちが携わるチーム医療を目の当たりにし、そのチームの一員に自分もなりたいと思ったからです。

 実際に研修を始めて1年が経過しましたが、同期にも恵まれ、とても充実した研修生活を送っています。これから研修先の病院の選択を迷っている学生の皆さんは、是非一度見学に来てみてください。

来院される皆様へ

外来診療の受付 059-345-2321 午前8:30~午前11:30

面会時間

  • 休診のお知らせ
  • 受診される方へ
  • 入院される方へ
  • ご面会される方へ
  • 外来医師担当表
  • 病院各階のご案内

地方独立行政法人
三重県立総合医療センター

〒510-8561三重県四日市市大字日永5450-132

交通のご案内

お問い合わせ